大阪市住吉区苅田の三橋医院|整形外科・リウマチ科・リハビリ科・内科

  • HOME
  • 院長の想い
院長の想い

医院方針

院長 三橋 浩

患者さまの人生をフォローする気持ちで診療しています。

患者さまとのつながりを大切に、人生をフォローする思いで日々診療にあたっています。日常的な体調不良はもちろんのこと、小さな外傷の処置や慢性的な痛みの治療、在宅医療と、幅広く診療できる体制を整えています。また、けがだけなく、人を診ることをモットーにしているので、どんなことで困っているのか生活背景を含めて考えるようにしています。

例えば、介護が必要な方、経済面で困っている方の場合は、地域包括支援センターと連携して、少しでも生活しやすい環境になるようサポートします。こうした情報を得るには会話が重要となるため、ささいなことでも質問しています。

治療法もまめに調整しますが、こちらから押し付けずにさまざまご提案しご理解いただいたうえで選択していただくようにしています。手術が必要な疾患は時期がきたら連携先の医療機関を紹介し、術後は当院でリハビリを行うなど、そのまま終わりにせずトータルできちんとケアしています。

私について

外傷や手術も一通り担当した経験が、現在の速やかな診断に役立っています。

父の影響を受け医師の世界へ進みました。整形外科を選択したのは日常生活を支える動作をケアし、徐々に改善していく患者さま姿を見ることに魅力を感じたからです。歩けなかった方が歩けるようになったり、寝たきりだった方が動けるようになったりすると、患者さまは感謝してくれました。今でも改善してうれしい思いを共有できると、整形外科の医師になってよかったと感じます。

勤務医時代は、いろいろな疾患の治療や手術の経験を積むことに重きを置いていました。リウマチやスポーツ外傷、人工関節までさまざまな疾患を担当しました。救急病院での勤務を通じて一通りの外傷も経験し、オールマイティーに対応できるのが強みですね。

そのおかげで、現在はどのタイミングでどのような治療が必要かといった判断ができるようになりました。これまで培った経験を礎に、今後もより患者さまの力になれれば幸いです。

患者さんへの想い

医院内観

どんなことでも相談してもらえるようハードルを低くしています。

「患者さま中心の医療」をモットーに、患者さまの立場にたった医療の提供に努めています。以前、軽傷だと思い込んで歩いて来院された方が、実は骨折だったケースがありました。どんな小さなお悩みでも気軽に相談していただくことが発見につながります。それには受診していただくことが前提になりますので、「三橋先生なら相談してみよう」と思われるよう、自分自身がハードルを低く受け皿を広く身構えています。

診療にあたっては、患者さまとの関係性を大切にしています。何気ない会話から、異変を発覚できる場合がありますので、コミュニケーションがとりやすい環境づくりを心がけています。

最近では、受診されている患者さまのことが心配で、ご家族の方が付き添うケースを見受けます。その際、ご家族の悩みにも相談に応じていますので、相談だけでも来てほしい私の希望が広まりつつあるように感じ、うれしく思います。